読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平澤の求(もとむ)

さあ、引越しの作業に取りかかろうという時には、軍手を用意しておきましょう。たとえば、荷造りをしているときです。



使い慣れないカッター類をひんぱんに使うことで、手を切ったり、刺したりしてしまうこともよくあります。


また、荷物の移動を考えると、常に荷物を落としたり、挟まれたりする危険性が高いのです。軍手を用意するときに注意しておきましょう。自分の手のサイズに合った、滑り止め付きの軍手でないと役に立ちません。
それで作業もしやすくなりますし、荷物も引っかかりが良く、安全に運べます。

単身世帯でも、大家族でもダンボールは引越しに欠かせないものであり、サービスとして、業者がくれることもありますが、業者によっては、お金を取るところもあります。
そんなときにも、スーパーマーケットなどに行くと不要になったダンボールをもらえるはずです。

その場合、大きさは一定していません。
移動の時は、ダンボールをたくさん積んでいくため、同一サイズでない場合、搬出で積み重ねるとき注意してください。
あこがれの年金生活ではありますが、生活が大きく変わることは避けられません。
この機会に、生活環境を変えてみるのも良いかもしれませんね。
退職前のお住まいがどんなところであっても、退職して年金生活になれば、合わない点が徐々に現れるかもしれません。これまでのお住まいが借家や賃貸住宅の場合は家賃負担が大きくなることが予想されます。


もっと負担の少ないところに引っ越すのも今はごく当たり前の話です。


引越しで、一人暮らしの場合、ベッドの移動は悩みの種です。

特にワンルームに引っ越す場合はかなりの面積を占めるのがベッドです。


また、もとの住まいに合わせた大きさのベッドであれば、専門の業者でも転居先のドアからベッドの搬入ができないという困った事態になることもあります。
余計な心配をしなくて済むよう、まずは布団だけにしてスタートしてみるのも家の中がすっきりしていいかもしれません。引越しを専門の業者に依頼すると、その値段は同一内容の引越しで比べても引っ越す時期によって決まります。
特に、年度末や夏、冬の休みではシーズン時期となり、あちこちからの依頼が増えるため基本料金からして高くなるようです。
事情が許すのであればいわゆる閑散期に引っ越しを実現できるといろいろな意味でお得になってきます。費用の差が倍近くになる業者もあります。引越しの梱包作業は大変なものですが、特に緊張するのは割れ物の対応です。

一瞬で傷ついたり、壊れたりするものなので、油断はできません。
安全に運ぶためには包み方の工夫も必要です。ほとんどの方は新聞紙を使うと思いますが、大きさには余裕を持たせ、普通は一個ずつ底から包みますが、新聞紙を丸め、くしゃくしゃにしてから伸ばして使うとぴったりしているよりもクッション効果が高くなります。


細かいことですが、持ち手や取っ手などの突起がある器は、強度を上げるため、突起部分をまず包みましょう。どんな引越しでも同じなのできっとおわかりだと思いますが、ガスの解約は転居前に終わらせなければなりません。
引っ越し経験は私にもありますが、解約自体が大変ということはありません。



旧居を引きあげる前に解約しておかないと、転居後のガス代も引き続き請求されることになるので抜け落ちないよう注意しましょう。また、転居した月の月末まで自分が支払わなければなりませんので、それも覚えておいてください。

先日の引っ越しで、見積もりを出してもらったとき、どうしてもすっきりしないことがあったんです。


どんな状態でも完璧な対応
実は、液晶テレビを運ぶのには個別の保険をかけないと運べないそうです。


問題になったのは50型の液晶テレビで、明らかに購入価格が30万円以上のため、保険をかけなければならず、それを見積もりに計上するとのことでした。安心のためと割り切って、約1500円の保険をかけましたが、この対応はどこでも同じなのか他の方のお話を聞きたいです。


どんな人の引っ越しにも、必ず関わってくる手続きに、各市区町村の役所で、転出と転入の手続きをすることがあります。まず、転出の手続きを今住んでいる市区町村の役所で行います。


そこで転出届をもらって、転入する市区町村の役所に行き、転入手続きをするという流れになります。

転出と転入は一体の関係なので、転出届と一緒でないと転入の手続きができないことはくれぐれも注意してください。
これを忘れると他の手続きも進まなくなるので忘れずに手続きしましょう。大がかりな引っ越しをするときには、引っ越し当日にしかできないことも多いものです。
作業だけで一日終わってしまうでしょうから、前倒しにできることがあれば終わらせておけば当日の負担が減ります。ライフラインである水道、電気、ガスなどの確保は忘れずにやっておいて、日用品など、引っ越す日まで使うと思うものは運び出す荷物とは分けて取り出しやすくしておき、さらにしまいやすくしておきましょう。